RECOMMEND
RECOMMEND
Search this site
毎日のこと、作ったモノなど紹介していきます。
川口暮らふと
川口暮らふとに遊びに行ってきました。

朝降っていた雨も上がり、
良い天気でクラフトフェア日和でした。

いつもお世話になっている作家さん、
会うのが久しぶりな作家さん、
羊毛話でテンションが上がった作家さん、
色んな方とお話できて、沢山の作品を見て
とても楽しめました。

本日の息子のワークショップ、ピカピカメダルです。

磨いてピカピカにして、ネックレスに仕上げるのですが
やりたがった割には最後までせず。。
まだ黒いのに「出来た!」と終わらせたがります。
仕方がないので私がピカピカに磨き上げたら
満足げでした。
まぁ、喜んでいたので良いか。

初期の頃に何度か出展した川口暮らふと。
会場の雰囲気もお客様もとても良いクラフトフェアで
これがあったから引越しをする時に
川口を選んだと言っても過言ではありません。

が、、、引っ越してきてから開催中止になったり
会場の公園が公共工事で半分の広さになったり
(しかも工期が長かった)
再開されても選外になったり、
結局一度も出展出来ていません。。

今回ようやく工事も終わり広々とした
空間で開催された川口暮らふとを楽しめて
良い一日になりました。

今年はスケジュール的に無理でしたが
来年こそ出展出来れば良いな。
posted by 高際有希 | 01:32 | セイカツ | comments(0) | trackbacks(0) |
工房 おまけ編
工房からの風、おまけ編です。

ブースの横に生えていたキノコ。
こぶし大の中々立派なキノコです。

前日搬入の時は元気に生えていて
初日、通りかかるお客さんが皆
「キノコ生えてる!」って反応してました。
で、気が付くと

キノコがもげている!!
この後、二日目にはバラバラに。。
儚いキノコでした。

続いて、チャリティーのお話し。
工房からの風のチャリティー販売は
色んな作家が作品を提供して
お客様に1,500円で購入して頂きます。
自分で作品を選ぶのではなく、
抽選で何が当たるのかわからない仕組みです。

私は、手紡ぎ糸で編み軽く縮絨した
コースターを提供しました。
フェルト化し過ぎると原毛の面白さがなくなるので程々に。



なかなか面白い作業だったので、
あまり糸で又作ってみようかな。

最後は羊。

木の羊、ニトクラフツの宇井さんの作品です。
羊ものには目がないのですが、
これはその中でも特別な作品です。
宇井さんの作品は木の素朴さとデザイン、
どちらも味わえて大好きです。

私のニトコレクション

こちらは5月に行った二人展の様子。
右のテディベアは今、我が家の毛糸棚に座っています。

今回、ブースにフラッと現れてビックリしました。
久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
お立ち寄り頂き、ありがとうございました!

色々と楽しめた工房からの風でした。
posted by 高際有希 | 17:34 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
工房からの風 終わりました
工房からの風が終わり、1週間が経ちました。
余韻が冷めやらず、魂が抜けた状態になっていました。
準備中、開催中には気が付かなかった
身体の疲れも終わった途端ドッと出て。。
そろそろ回復してきたので
ゆっくり振り返りたいと思います。





今回は初めて「手紡ぎ、手染め」作品のみで構成しました。
作家を始めて15年、作りたいものも変わってきて
「素材から時間をかけて作りたい」と思ったのが
工房からの風に申し込んだきっかけでした。

ここ数年、編む事には変わりないけど仕事が多岐にわたり
自分の作品に時間をかける事が少なくなってきていました。
作家を始めた頃の「思うがままに編む」
「使い手に直接お届けする」という
原点に一度立ち返りたかったのです。

どんな反応がくるのか不安でしたが
好評を頂き励みになりました。













これ程長い準備期間を一つのイベントにかけたのも初めてで
それも良かったと思います。
多くの作家さん、事務局や風人の皆さんと
ミーティングや懇親会を重ねて作り上げた本展。
積み上げた時間はとても貴重なものでした。

今回の参加で得たものは沢山。
勿論、反省点ややり残した事もあるので
全部含めてこれからの制作に活かしていきたいです。

お越し頂いた皆様、事務局や風人の皆様、
手伝ってくれた四ツ色商店の福家ちゃん、家族
本当にどうもありがとうございました。
posted by 高際有希 | 09:30 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
工房からの風

いよいよ今週末に迫った「工房からの風」。
これほど長い時間をかけて準備をしたのは初めてで、
程良い緊張感と高揚感が入り混じっています。

でも、、、天気が悪そうで。
しかも、先日子供の運動会で主人が肉離れをおこしてしまい
来られないかもしれない。
更に、朝からお腹の具合が良くない。

実は昨年遊びに行った時、虚血性大腸炎になり
ニッケコルトンプラザでかなり苦しみました。
一通り会場を周り楽しんだ後だったのがまだ救いでしたが
腹痛、嘔吐、目眩でヘロヘロになって帰宅。
私は昔からよく胃腸をやられるのですが、
この時が今までで一番酷かったので、
鎮守の杜で感じた清々しさと、大腸炎の苦しさがリンクして
強烈に記憶に残っています。
どうか週末は無事に過ごせますように。

話はそれてしまいましたが、やはり楽しみの高揚感が大きいです。
天気も心配ではあるけど、雨だとしてもそれはそれで良し。
鎮守の杜の緑が活き活きとして、 それでいて静寂感もある
不思議な心地の良い空間になるのです。
昨年、雨の中出かけてそう感じました。
私の語彙力では上手く伝える事ができませんが
ぜひ会場にきて楽しんで頂きたいです。

おりひめ神社のほとりで出展します。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

◎ 工房からの風2018
日時:10月13日(土)・14日(日) 10:00-16:30
会場:ニッケコルトンプラザ屋外会場
posted by 高際有希 | 10:47 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
ニットマルシェvol.23
掲載のお知らせです。
日本ヴォーグ社より発売の「ニットマルシェvol.23」に、
親子帽子を掲載して頂きました。

浅く被ればベレー風、深く被ればドングリ帽子に。

親子でお揃いにできるニット帽

今年は制作やクラフトフェアの出展を中心に活動したので、
書籍掲載はニットマルシェだけです。
是非ご覧になってください。
posted by 高際有希 | 19:11 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
工房からの風に向けて
昨日、 工房からの風16の出展作家が
公開されました。


昨年春、工房からの風を知った時には
すでに公募が締め切られていたので、
まずは遊びに行ってみる事に。
秋の開催日、ニッケ鎮守の杜に訪れた時
「このクラフトフェアに参加したい」と 強く思い、
次回の公募を待ちました。

昨年、これからの自分の活動方向について悩み
色々と模索していたので、パッと視界が 開けたような
感じがしたのを覚えています。

帰宅後、持ち帰った案内状を目のつくところに貼り
「ここに自分の名前が載るように頑張ろう」と
応募したのが冬。
年末に選考の通知が来た時は
緊張のあまり内容が頭に入ってこず
春の第1回ミーティングで
ようやく実感する事が出来ました。

鎮守の杜は多くの木々に囲まれ、
街中の商業施設の中にいる事を忘れてしまうような
心地の良い不思議な空間です。

先週、第2回ミーティングがあり
ブースの場所を確認しました。




今年の案内状に掲載された名前を見て
「いよいよだ。」とわくわくしています。


10月に、ここで皆さんにお会いできるのを
楽しみにしております。
ラストスパート頑張ろう。

◎ 工房からの風2018
日時:10月13日(土)・14日(日) 10:00-16:30
会場:ニッケコルトンプラザ屋外会場
posted by 高際有希 | 09:06 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
tupera tupera 絵本の世界展
今日から2学期が始まりました。
夏休みがやっと終わったー。
昨年の夏は忙し過ぎてあまり遊んであげられなかったので
今年は仕事を絞り、沢山お出かけしました。

夏の最後に駆け込んだのがこちら。
浦和美術館で開催された「tupera tupera 絵本の世界展」


絵本やTシャツをいくつか持っていて
親子共々好きなので観に行ってきました。

浦和のカフェや書店も関連イベントをしていて、
美術館に着くまでに気持ちが盛り上がって行きます。

カフェuwaitoではこんなメニューも。



どちらも「しろくまのパンツ」のしろくま。
コーヒーが苦手で、普段はカフェラテもあまり飲まないけど
ラテアート見たさに注文してしまいました。

書店の前には「パンダ銭湯」


美術館に着くと、エレベーターがtupera tupera!

入り口前で大きなしろくまがお出迎えです。

絵本の原画や立体モノを楽しんで、
最後はドーンと「パンダ銭湯」のセット登場です。

大人も皆、楽しんで入浴しているのが面白い。

工作コーナーも設けられていて、
子供たちは思い思い作品作りを楽しんでいました。


お手洗いに「うんこしりとり」発見!

赤ちゃんも

遊び心満載ですね。

最後は紀伊国屋書店で絵本とグッズの購入。



ここにも、しろくま沢山です♪

今回購入した「パンダ銭湯」がとても気に入ったようで
「お風呂やさんに行きたい!」とリクエストが。
引っ越してきてからなんとなく気になっていた近所の銭湯、
今回初めて行ってきました。
昔ながらの銭湯で懐かしくもあり、気持ち良かったです。
夏休みの良い締めくくりになったかな。

「工房からの風」がいよいよ迫ってきたので
ここからは制作に励みます!
posted by 高際有希 | 23:15 | セイカツ | comments(0) | trackbacks(0) |
草木染め ヤシャブシ
ヤシャブシで糸を染めました。

まずは糸の準備。
一かせの量が多いので、染まりやすいように
かせとり機、かせとり棒で巻き直します。

左から、羊毛のスライバー、シルク、アルパカ、ドイツのソックヤーン

何度か煮出して染液を作り

素材投入後、更に煮ます。
その後は熱を冷ますのと、色を濃くしたかったので、一晩放置。

翌日、鉄媒染で仕上げました。

シルクとソックヤーンは染色時間を変えた2種類。

羊毛スライバー、アルパカは長時間染めた組みなのに、
シルクやソックヤーンに比べるとかなり薄くなりました。
同じ染液から素材や時間によって、
それぞれの色が出て面白い。

全て 工房からの風に向けて作品に仕上げます。
posted by 高際有希 | 08:33 | 羊毛・紡ぎ・染色 | comments(0) | trackbacks(0) |
汐留アートマーケット

先週末、汐留アートマーケットに出展してきました。
汐留に出るのは2年ぶり。
いつも、夏は激暑冬は激寒の汐留ですが
今年は一日中風が通り、涼しく快適に過ごせました。

美大生によるコンペや

映画「未来のミライ」のイベントやアトラクション



キッズファクトリー

他にも、日テレの番組ブースなど
開催されていました。

実演も兼ねて、編み物を。

夫が紡いだコリデールの双糸。
アラン模様のミトンになる予定です。
1頭の羊の毛でも、部位によって色の濃さがちがい
面白い糸に仕上がっています。

お立ち寄り頂いたお客様、事務局の皆さん
ありがとうございました!

次はいよいよ 「工房からの風」です。
残暑が厳しいけど、毛糸にまみれます。
posted by 高際有希 | 03:06 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
工房からの風から ありがとうございました

日本橋三越本店で開催された
「 工房からの風から」が昨日終わりました。
多くのお客様に作品を見て頂けた事。
出展作家さん事務局の皆さんから刺激を沢山受け、
充実した時間を過ごせた事。
とても貴重で濃い時間でした。
一週間、皆様どうもありがとうございました。

実りのある時間を過ごせたものの
反省点も多くあります。
10月の「 工房からの風」で
今回経験した事を活かせるように
制作に邁進します!

しかし、クーラー、扇風機をW使用しても
ウールを触るのは暑いですね。。。
今年の夏は特に厳しい。。。
posted by 高際有希 | 20:56 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |